2006年1月20日

日々マーキングが広がる光太郎。

一月十五日にまた動物病院へ行きました。
前回診察して下さった先生とは違う先生でした。
あれからくしゃみも鼻水も止まり、
ご飯もいつものやうにもりもり食べて、
へらへらしていました。
先生から云われた事は、
抗生物質が効いてるところを見ると細菌感染も考えられるけど、
環境を考えると私の云ったトイレ砂や牧草などの方が確立は高いとの事。
光太郎は鼻の線が細いかもしれないとも云われました。
なので鼻が詰まりやすい。
乾燥した環境でトイレ砂などを吸い込んだら鼻がおかしくなってくしゃみもでますよね...。
ハムやウサギ用と書いてありましたが土でできている物はほとんど粉って感じで、
木でできたものの方が良いのだ。
粉も少ない。
ウサギの事はあの病院じゃ一番詳しそうだったな...。
あの先生。
医院長はなんか駄目なんだよね。


2006年1月8日

年末あたりからくしゃみをしていたのと鼻が水っぽいのが気になり、
やうやく動物病院へ。
スナッフルかと緊張したのだけど、
くしゃみをしていた時の状況を考えると少し違うやうな気がしていた。
丁度年末にトイレ用の木の砂が足りなくなりホームセンターで間に合わせで購入した、
土でできたトイレ砂を使っていた。
此れがいけなかったのか、
トイレの上でよくまんまるこしながら寝ていた光太郎がくしゃみをしている所を見ている。
牧草が最後の方で粉っぽくなっていたからか牧草を食べながらくしゃみもしていた。
毛づくろいをしながらもだ。
飼い主同様に電気ストーブを独り占めするのが好きで、
顔面を電気ストーブの方に向けて寝ていたりする。
空気の乾燥もあるのだろう、
今書いた事は獣医さんに伝えた。
臓器の音は何も問題なく、
歯が原因で鼻水が出る子もいるので歯も見てくれた。
問題ないとの事。
よく食べる、
糞も大きい。
初めに書いた環境が影響してる部分が大きいのではと云う事。
寒さは抵抗力を落すのでこう云う事を引き起こしたりするらしい。
抗生物質を処方された。
兎に飲ませられる抗生物質は少ないからと、
兎に抗生物質を与える事に関して不安に思っていた飼い主に獣医は薬の説明をしてくれた。
「今度、二歳になるんだね。」
何時きても診察台で変な格好になる光太郎、1.3kg。
五日後また病院です。

画像はシリンジではなくニンジンジュースに薬を混ぜてあるの知らないで飲んでる誰かさん。


2006年1月6日

光太郎が苺を美味しそうに食べているのを見て居て思い出した。
ウサギは食べ物の好みが変わってくるって聞いた事を。
光太郎は野菜を上げはじめた頃、
あまりニンジンが好きではなかったけれど、
今では大好きだ。
白菜は嫌いではないけどしぶしぶ食べてた、
今では結構好きな感じだしね。
乳酸菌のサプリメントをペットショップの人がくれたからと、
上げてみたけど匂いをかいでそっぽを向かれてしまった。
暫くしてまた上げてみたら少しずつ食べるようになって、
今では「くれくれ」としてくるのだ。
家に来てからペレットを切り替えるのに、
元親さんのところで食べてたペレットとバニーセレクション(ペレット)を混ぜて上げながら切り替えようと試みたけれど、
元親さんのところで食べていたペレットばかり食べて、
バニーセレクションをなかなか口にしてくれなかった。
輸入ペレットは味が薄いと云う話を聞いていたので、
切り替えやすいように、
日本製で良い物を選んだつもりだったけど、
失敗かと少し凹んだりした。
じょじょに食べるようになって切り替えられたけどね。
今は嫌いな物は無いかな。
なんでもそうだけど、
食べ始めるのに時間がかかるのは相変わらずです。
リンリンボールだって、
ヘチマの玩具だってなかなか遊んでくれなかったよ。
と、光太郎の成長をふりかえるのでした^^
みなさま今年も宜しくお願いいたします。


BACK
TOP